★ ISHIN no HIKARI ★ 長州美祢維新の光

2015/7/18(土)

●12:00 開場
●13:00 式典 (OPENING)

会場:美祢市民会館大ホール(美祢市大嶺町東分326−1)

■13:30~ 講演「来嶋又兵衛と禁門の変」

image1_3明治維新って?禁門の変ってなんで起きたの?來島又兵衛って何した人なの?
ペリー来航から禁門の変まで、美祢ゆかりの豪傑・の来島又兵衛を中心に激動の幕末を漫画イラストで分かりやすく解説します。

メインビジュアル:苑場凌先生が手がけた来島又兵衛のイラスト

「元治元年7月18日夜半、嵯峨の天竜寺を発った長州軍は月光を浴び静かに御所へと進軍していた。やがて一条戻り橋で中立売り門へと向かう国司勢と二手に分かれる事となった。又兵衛は馬関攘夷戦争で共に戦った国司信濃に別れの挨拶をするたに馬を止めた。そして「さらば」と言葉短く言うと、再び馬を進めた。」

來島又兵衛イラストはこの時のシーンをイメージして描きました。

美祢ふるさと交流大使 苑場凌氏
PROFILE
本イベントのイラストを手がけていただいた漫画家 苑場凌先生
講談社週刊少年マガジン新人賞受賞後漫画家となる。現在漫画を描きながら、ふるさと交流大使として地元美祢を盛り上げ中。

***************************************

■14:00~ 特別講演会「来嶋又兵衛と禁門の変の真相」

木村副館長元治元年(1864年)7月19日に京都御所付近で、長州藩兵と幕府との戦闘がおこった。動乱の幕末に長州がおこした行動とは? それは長州にとってどのような結果をもたら
したのか。

京都霊山歴史館 副館長 木村幸比古氏
PROFILE
1948年京都市生まれ。國學院大學文学部卒業(近世思想史・幕末史)
現在、霊山歴史館副館長。
1991年、維新史の研究と博物館活動で文部大臣表彰、京都市教育功労者表彰。
NHK大河ドラマ「花燃ゆ」企画委員。
著者「吉田松陰の実学」(PHP新書)「図説・吉田松陰」など多数。

 

 

***************************************

■15:15~ シンポジウム「美祢から発信 美祢ブランドを創る」

美祢には多くの優れた資源があります。
伝統や歴史を守りながら、また新たな特産品を開発して
それを美祢ブランドとして県外や海外に発信している
地元企業。その若きリーダーたちを紹介します。

○コーディネーター/京都霊山歴史館・副館長 木村幸比古氏

○パネラー


(有)美緑 代表取締役 堀田勝利氏
石窯パン工房Boulangerie Kura・FM MINE設立発起人代表 多田杏子氏
観光会館安富屋 専務取締役 安富善政氏
㈲サンエイ興業・(株)さんまいん 代表取締役 坂本睦海氏

***************************************

ライトアップ さくら公園周辺  19:00~21:30

 

2015/7/19(日)

■11:00~12:00 慰霊祭

場所:来嶋又兵衛銅像前(美祢市西厚保町本郷610 厚保小学校グランド内)